清掃できない状態とは?

Q:清掃できない場合はどんな状態のときですか?

A:これまでのケースでは、ダクトの切断や金属部の溶接を必要とするような場合など、お断りさせていただいたこともあります。概ね、以下のような場合は、ダクト掃除が出来ません。

(1)換気扇の年式が古かったり、パーツやネジの劣化で分解時に破損の恐れがある場合

(2)点検口がなかったり、作業スペースが確保できない場合

(3)換気ダクトや換気扇の設置状況より施工が難しいと判断した場合

これまでの例で、ダクトの切断や金属部の溶接を必要とするような場合など、お断りさせていただいたこともあります。

また、一部店舗のダクトや、ハウスクリーニングのご相談も、グループ会社にて対応可能です。他にも「これもできるの?」といったご要望がありましたらお気軽にご相談ください。

詳しくは、「サービス/料金」のページをご覧ください。

天井に埋め込まれていたり、高い場所にあるのが、旧排気口ダクトですので、ご自身で目視する際は、踏み台などが倒れないようご注意ください。まずは、プロに相談!で、よいと思います。経験豊かなダクト掃除業者といえば、ゼテックスダクトクリーンです。

詳しくはこちらのホームページを御覧ください

マンション換気ダクト清掃業者

Scroll to top