自分でできるレンジフード分解洗浄

キッチンレンジフードの汚れ成分は、油とホコリです。
コンロや魚グリルなど、調理時にあがる湯気には油が含まれており、それがレンジフードに付着します。油は温度が下がると粘度が増し、空気の流れで舞い上がっていた塵やホコリが堆積してゆきます。

レンジフードの汚れは、不衛生なだけでなく、換気性能の低下や、最悪の事態の場合は火災を引き起こす可能性があります。

油のこびりついたキッチン器具をキレイに掃除するには、重曹を使う方法が体にも安心です。

(1)1リットルのお湯を沸かし、重曹を大さじ3杯入れ、かき混ぜてよく溶かします。これを洗浄液とします。

※この時点で、面倒だなと感じたら、プロの清掃サービスをご利用ください。

(2)レンジフードから伸びている電源コンセントを外し、通電していない状態にする。

(3)分解掃除スペースを確保して。周辺に汚れが飛び散り対策をしてください。

※面積の広いビニールを被せる。新聞紙を敷くなど。

(4)レンジフード分解。外したネジはなくさないようにまとめておいてください。

(5)キッチンのシンクかバスルームなど、で大きめのゴミ袋に分解した部品を入れます。

(6)1.でつくった洗浄液をゴミ袋に入れ、1時間程度漬けておきます。

(7)ファンを外した換気扇内部を掃除します。油の塊はヘラや割り箸などを使って落とします。

(8)6.で漬けておいたファンなどの部品を掃除します。ブラシなどで汚れを擦り落とします。

(9)お湯で洗い流してから、分解していた部品を組み立て復元します。

さーっとこの記事を読んで、半日潰れてしまうな、と面倒に感じた方はプロの清掃サービスをご利用ください。

例えば、分解、組み立てだけでも、踏み台に上がって力を入れる作業です。

1時間程度、洗浄液に漬け込むのは、家庭でできる範囲でのやり方だからです。

当社では漬け込み待ち時間などなく、洗浄カーに持ち込み、専用薬剤と温熱洗浄装置を使って、数十分で作業完了します。

また自分で分解清掃を行う場合、濡らしてはいけない電気の基盤部分に、水や溶剤をかけてしまい、乾いたかを確認しないで通電させショートして故障する事例もあります。最悪の事態は、発火して火災に繋がりますので、くれぐれもご注意ください。

 

マンションダクト清掃、レンジフード分解清掃については、詳しくは、「サービス/料金」のページからご覧ください。

道具がプロ、知識がプロ。経験豊富なプロが来ると評判のマンション専門換気ダクト清掃業者は、ゼテックスダクトクリーンです。

詳しくはこちらのホームページを御覧ください

マンション換気ダクト清掃業者

Scroll to top